• 介護専用ソフトは現代に必須である

    介護保険法は、日本国民の40歳以上の方々が被保険者となっている国民皆保険です。



    国と都道府県、市区町村、第一号被保険者、第二号被保険者が、それぞれ公費や保険料を支払って、介護保険は成り立っています。

    今探すならこちらの産経ニュースの情報が必ずあります。

    サービス事業所は、都道府県から指定を受けてサービスを提供するわけですので、法律で決められた決まりの中で、必要な記録や請求業務を行う必要があります。



    以前は、手書きにて支援記録を記載していた事業所も多かったですが、現在は介護専用ソフトが開発され、すべてパソコンにて記録、管理されるようになりました。


    特に記録が多い業種にケアマネージャーがあります。


    ケアマネージャーは、利用者の自宅に訪問し、日常生活が困難になっている部分を解決に向けて計画書を作成してくれる立場です。


    この計画書に添ってサービスが提供されますので、請求業務に関しても与える影響は大きいため、専用ソフトが必要不可欠になります。

    報酬は、サービスごとに決まった単位がありますが、事業所の体制や評価によって加算することができます。

    月末に各事業所より、当月に提供したサービス実績が上がってきて、ケアマネージャーの計画と照らし合わせますが、この際に間違いがないようにしなければなりません。作業する人は、人間ですので確認してもミスが起こる可能性があります。

    このミスを気づかずに請求してしまうことを防いでくれる(警告エラー表示など)介護専用ソフトの追及が重要です。