• 介護の事故を減らす為のシステム

    超高齢化社会に突入した日本においては、沢山の人が利用する介護サービス業界のますますの発展は必要不可欠な課題であるとも言われています。



    出生率が低くなり高齢者が増え続ける日本は、高齢者の支援を国のシステムとして支えていくために、平成12年4月より介護保険法が施行されました。保険サービスとして利用者自身が自分に必要なサービスを選択できるようになったこと、民間企業が介護業界に参入できるようになったことは非常に画期的であったといえます。しかしながら、高齢者支援の根幹を支えている介護職員の離職率の高さは相変わらずであり慢性的な人員不足に陥っている事業所は少なくありません。
    高齢者支援は肉体労働でありながら、精神的にタフさを求められる仕事です。

    様々な分野のYahoo!ニュース情報をご紹介いたします。

    の仕事の大変さや現場の苦労が取りざたされることは多いですが、その割に給与水準が十分高いとは言えないなどの問題もクローズアップされており、職員の処遇改善も国の今後の課題として取り組まれています。



    しかしながら、志を持ってこの業界の門をたたいている職員にとって、仕事に対するストレスは別の所にもあるのです。


    高齢者の日常を支えることは簡単ではありません。

    ちょっとしたミスや発見の遅さが命を危険にさらす場合もあるのです。

    高齢者の日常と命を預かっているその重責は想像できないほどのストレスを職員に与える場合があるのです。
    そのストレスを軽減するためにもリスクマネージメントに対するシステムの構築は重要になります。職員が日々気付く、ヒヤリハットを大切にする取り組みです。そのまま放置しておけば重大事故につながる可能性を考えてひやっとした小さなことに対してもその状況を文章化して対策と注意点を検証していきます。
    日々のヒヤリハットの対応をシステム化する事で重大な事故を未然に防ぐことは、質の高いサービス提供にも繋がり、職員のストレス軽減にも役立つのです。