• システム作りが重要な介護の仕事

    高齢化社会がますます進む日本にとっては介護業界が今後より発展していくことが必要不可欠になっています。


    現代社会においてその家族形態や社会情勢は著しく変化をしてきました。

    一昔前の日本の様に家族や親せき、あるいは隣近所の人々が協力して自宅で心身の世話が必要になった高齢者の対応が出来ていた時代とは違います。



    社会全体で高齢者支援の対応が出来るように平成12年4月に介護保険法が施行されました。
    この法律の施行によって、国民は40歳以上になると保険料を納付する事で、将来介護が必要になった時に、保険サービスとして一部の負担金で自分の必要な支援を受けられるシステムが構築されたのです。


    それまでは、地方自治体の措置として実施されていた高齢者支援が保険サービスとして利用者が選択できるシステムに変更になったことは画期的な事でありました。


    介護の仕事は簡単なものではありません。身体が不自由になったり、認知症を発症して意思疎通が困難な高齢者を対応する場合もあります。
    トイレ介助やおむつ交換、食事介助や入浴介助までその仕事は多岐にわたります。支援を行う相手は自分より人生の先輩である敬うべき高齢者です。
    例え日常生活の支援を行っているとしても、人生の先輩として尊重し、心を込めて大切に支援をする必要があるのです。
    その為にこの仕事は資質が大切であると言われています。

    当然ながら人と接する事が好きで、他の人を大切にできる人でなければなりません。

    毎日新聞の口コミ情報をまとめました。

    しかしながら、介護の仕事は人柄だけでは成り立ちません。

    決してスタッフ配置が十分とは言えない環境で、質の高いケアを行うためには仕事のシステム化が必要なのです。24時間支援を続ける施設では、複数の職員が昼夜のシフトを組んでチームで対応しています。
    業務内容がシステム化していることによって、安定したサービス提供が出来るのです。