• 介護予防・日常生活支援総合事業

    • 介護予防・日常生活支援総合事業とは介護問題で悩んでいたり苦しんでいる人に対し様々な支援や協力を行っている事業です。

      実際に介護問題を抱えている人は多く年々増え続けているとのデータもあります。
      実際に困っていることの多くは身体介護の負担と家事や仕事との両立が多いです。
      介護が必要な時はうまく行わないとする側も受ける側も身体に負担が蓄積していきます。

      その結果級に腰を痛めたりする可能性もあります。


      また以前に比べて専業主婦の割合は少なくなっており多くの過程は共働きです。
      そのため常にそばにいることができない状況になります。



      仕事に行っている間は昼間独居となるためサービスを利用する人も多いですがその時間に合わせて仕事や予定を調整したりする必要もあります。

      そのため負担を抱え込んでしまう人も多く介護予防・日常生活支援総合事業の存在が重要となってきます。

      具体的な取り組みとしては介護に対しての知識・情報の発信に加えて介護の技術の伝達・や指導も行っています。

      朝日新聞デジタル情報もきっとあるはずです。

      また相談の受け付けも行っており一人で抱えるのではなく相談して意見を交換し解決につなげていくという方向に向けて取り組みを行っています。実際に介護予防・日常生活支援総合事業を利用することで知らなかった知識を得てサービスの幅を広げて負担が減ったという声も募っています。

      また専門的な介護技術の習得ができたことで互いに負担なく快適な介護を行うことが可能になったともいわれます。


      これからも介護問題は続くことから介護予防・日常生活支援総合事業は欠かせない存在となります。



  • 知っておきたい情報

    • システム作りが重要な介護の仕事

      高齢化社会がますます進む日本にとっては介護業界が今後より発展していくことが必要不可欠になっています。現代社会においてその家族形態や社会情勢は著しく変化をしてきました。...

  • ITの実態

    • 介護の事故を減らす為のシステム

      超高齢化社会に突入した日本においては、沢山の人が利用する介護サービス業界のますますの発展は必要不可欠な課題であるとも言われています。出生率が低くなり高齢者が増え続ける日本は、高齢者の支援を国のシステムとして支えていくために、平成12年4月より介護保険法が施行されました。...

  • ためになる情報・納得の事実

    • 介護の事務ソフトは目的にあわせて

      介護関係における事務ソフトの活用は大きく分けて二つの目的に分けられます。一つは介護報酬にかかる、請求事務ソフトとしての活用。...

    • 介護専用ソフトは現代に必須である

      介護保険法は、日本国民の40歳以上の方々が被保険者となっている国民皆保険です。国と都道府県、市区町村、第一号被保険者、第二号被保険者が、それぞれ公費や保険料を支払って、介護保険は成り立っています。...